イタリア留学情報・東京オフィスでは、7,200人以上の留学をお手伝いしてきました。経験豊富なスタッフが、コースの選択・留学の準備からビザ申請まで、イタリアで叶えたいあなたの夢を丁寧にサポートします。


  • イタリア留学 何でも聞いてみよう





    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご質問内容 (必須)

    左記コードを入力
    captcha

    内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

    • 資料請求
    • お問い合わせ

    無料留学説明会

    留学経験のあるプロのカウンセリングで楽しい!安心!納得!

    東京オフィスではオンライン留学相談を開催しています!ほかの説明会スケジュールもご確認ください!
    ※完全予約制となっております

    開催日 会場
    随時開催(予約) 東京オフィス

    オンライン説明会

    お電話でのお問い合わせ 国際アート&デザインコンペティション 国際アート&デザインコンペティション受賞者 イタリア留学ハンドブックプレゼント

    海外ニュースでアカデミアリアチが紹介されました!

    [イタリア情報]
    イタリア留学 滞在許可証の取得


    イタリア国旗、日本国旗、日本からイタリア留学

    イタリア留学で、3ヶ月以上イタリアに滞在する場合に、かならず必要になってくるのが、
    滞在許可証という、証明書です。

    滞在許可証とは、一体何なのか?どうやって取得するのか、本ページで詳しくご紹介します。
    (※2020年9月時点)


    1.滞在許可証とは?


    滞在許可証、イタリア滞在許可証、permit of stay ,permesso di soggiorno

    滞在許可証は、イタリア語でPermesso di Soggiorno(ペルメッソ・ディ・ソッジョルノ)といいます。
    外国人である我々日本人が、留学などの目的(旅行以外)で、3ヶ月以上イタリアに滞在をするために、取得が必要なIDカードです。このカードは、イタリア国家が許可し、発行されるものになりますので、日本で申請はできません。
    イタリアに入国後8日以内に、ご自身で申請手続きを行わなければなりません。
    うっかり8日過ぎていた…では済まされません。場合によっては、不法滞在になる可能性もありますので、イタリアに着いたら、すぐ申請するようにしましょう。
    8日という期間はあっという間です。余裕を持って手続きができるように、渡航の日程を組みましょう。

    また、滞在許可証の期限は1年で、1年ごとに更新を行わなければなりません。2年目の滞在許可証の更新をする場合は1年目の滞在許可証のオリジナルが発行されていることが条件となります。

    2.ビザとの違い


    ビザ、VISA、海外留学、海外渡航

    よくみなさんが混乱するビザと滞在許可証ですが、ビザは日本を出発してイタリアに3ヶ月以上滞在するために、イタリア大使館もしくは領事館から、長期滞在に対する申請に対し発行された許可証です。
    そのビザをもとに、イタリアの警察(移民局)がイタリアに長期滞在する許可を出したものが「滞在許可証」です。
    ですので、滞在許可証を更新する際によく「ビザの更新はしなくて良いですか?」という質問を受けますが、すでにイタリアに長期滞在(1年)した後は、海外からイタリアに入国するための許可証である「ビザ」の取得は必要がありません。

    したがって、滞在許可証の更新だけすれば良いのです。

    3.申請に必要な書類一覧


    書類の準備は、日本で用意してから渡航しましょう。
    ※現地でしか準備できないものもあります。

    ■パスポート
    ■パスポートの写真ページのコピー
    ■パスポートのビザページのコピー
    パスポートのコピーは、原則、上記2点のコピーがあれば大丈夫ですが、何かあったら心配、という方は、全ページコピーしておいた方が良いでしょう。

    ■海外傷害保険証券(英文部分)オリジナルおよび表裏のコピー
    まれに、現地の警察でイタリアの健康保険に加入するように言われることがあります。その場合は以下の手続きに従い加入して下さい。
    1. 郵便局で振り込み用紙を購入して宛先を記入。
    2. 各自の住所、氏名を記入して郵便局にて振り込む

    ■銀行の残高証明書、および日本文の場合はその公式翻訳証明書
    ■留学先学校の入学許可証の原本およびコピー
    フィレンツェではクレジットカードのコピー、またはトラベラーズチェックのコピーも提出しなければならないことも多いようです。

    ■滞在許可申請用紙
    現地の郵便局で、ご自身で手配してください。
    また、上記書類に加えて、以下のものが窓口に申請書を提出する際に必要です。

    ・収入印紙(Marca da Bollo) 16ユーロ分(タバッキで購入が可能です)
    ・申請手数料、振込手数料等 あわせて約60ユーロ


    この金額は将来変動する可能性もありますので、随時最新情報をご確認ください。

    4.滞在許可証の取得方法


    それでは、いよいよ滞在許可証の取得方法について、ご案内します。

    ① 郵便局で申し込みキットをもらう

    イタリア郵便局、滞在許可証手続き

    郵便局のSportello Amicoという窓口で、申し込み用の資料一式(通称kit:キット)が欲しい旨を伝え、もらいます。Amicoの窓口がない郵便局もありますので、その際は、Servizi al cittadinoの番号札を取り、順番がきたら窓口にキットが欲しい旨を伝えましょう。

    “Vorrei un kit del permesso di soggiorno”(ヴォレイ・ウン・キット・デル・ペルメッソ・ディ・ソッジョルノ)と言えば大丈夫です。
    時期や郵便局の規模、立地(外国人が多い地区など)などで、キットが不足している場合もありますので、なかった場合は、別の郵便局で探しましょう。

    ②キットを郵便局に提出

    事前に用意しておいた必要な書類と、パスポートと一緒に、記入済みのキットを、再び郵便局のSportello Amicoという窓口に提出します。
    この時に、申請手数料と振込手数料を支払います。

    ③移民局とのアポイントをもらう

    無事支払いを終えたら、窓口で移民局(警察の管轄)とのアポイントの日付が書かれた書類を印刷してもらえます。
    しかし、申し込みが多すぎる時期は学校宛もしくは滞在先のアパートに書留でアポイントの通知が届きます。それでも届かない場合は、調べることができるサイトがあるので学校に相談しましょう。

    この時受け取る控えとアポイントが確認できる書類は、次の手続きで必要となってきますので、必ず大切に保管しておいてください。

    ④アポイントの日

    移民局とのアポイントの日は、必ず提出した書類のオリジナル、パスポート、郵便局でもらった控え、アポイントが確認できる書類、そして証明写真4枚を持参してください。アポイントが確認できる書類を忘れた場合、入り口で警察官に追い返される、なんてことも起こりかねません。
    必要な書類は何だったのか、家を出る前に何度も確認しておきましょう。

    ⑤アポイントに行けなかった場合

    アポイントに行けなかった場合は、新たにアポイントを取り直す必要があります。
    再度アポイントをとる手続きは、移民局が開いてから30分という短い間に、早いもの順で、専用の窓口で番号をもらうことになっています。そのため、朝5時ごろから、気合を入れて並んでいる人がたくさんいます。

    もしのんびり8時半ごろに行くと、時間切れで追い返されることになりますので、ご注意ください。また、毎日受け付けを行っているかどうかは、その時によって変わってきますので、事前に確認する方が良いでしょう。

    ⑥移民局で手続きを行う

    イタリア警察、イタリア移民局、クエストゥーラ、Questura

    定められたアポイントの期日に、移民局(Questura クエストゥーラ)に行きます。必要な書類の提出、そして指紋認証などの手続きを行います。

    手続きですが、スムーズに1回で終わる人もいれば、抜き打ちで2回目の呼び出しを宣告される人もいます。2回目の呼び出しは指紋だけではなく、身長体重も測られることもあるようです。なぜそのようなことをするかというと、滞在許可証が盗難に遭った際の複製や、なりすましの被害を防ぐためです。もし2回目に呼び出された場合でも、素直に局員の指示に従いましょう。

    ⑦滞在許可証を受け取る

    無事手続きを終えたら、あとは受け取りを待つだけです。

    受け取りの通知は、ショートメッセージで携帯電話に来ます。もし、郵便局に出した申し込み用紙にイタリアの携帯の電話番号を記載していなかった場合は、自分で頻繁にイタリアの警察(移民局)のサイトで、受け取り呼び出しの日を確認することになります。携帯電話の番号は記入しておくようにしましょう。

    下記のイタリアの移民局のサイトで確認ができます。
    https://questure.poliziadistato.it/stranieri/

    【調べ方】
    空欄に、Codice Assicurataの数字を入力して確認します。

    “Il document di soggiorno pronto per la consegna”
    (滞在許可証をお渡しする準備ができました)

    と表示されましたら、受け取りに行って大丈夫です。

    5.滞在許可証を取得する上で気をつけること


    滞在許可証取得のポイント、注意点

    ここまでが、滞在許可証の取得法です。
    さらに、気をつけておきたい点がいくつかあるので、ご紹介します。

    ■不備があった場合
    移民局での手続きの際、不備があり、局員に書類の再提出を言われていてもその意味がわからず手続きがきちんと進んでいない人が多くいます。
    また、更新する時期になっているにも関わらず、気がつかず手遅れになることがありますので、手続きのたびに学校に確認してもらうことをお勧めします。

    ■滞在中の学校の変更について
    数年前までは、滞在許可証の更新は学校を変更しても可能でした。
    しかし少なくともここ2年(2020年現在)は、できなくなっていることがあるようです。

    ローマの中央センターに全てのデータが送られ、管理されるようになってからのようですが、学生ビザは受け入れ保証(通学保証)をしている学校が変更になると、最初に発行された保証している受け入れ機関が変わったという理由でビザの取り直しを強制されることになります。
    気をつけましょう。

    ■滞在許可証が発行されるまで
    滞在許可証は、移民局での手続きを終えてから、約1〜2ヶ月ほどで発行されます。
    しかし、実際のところ、申請から何ヶ月も経つのに発行されない…なんてこともよくあります。そこはイタリア、日本のように手続きはスムーズに進みません。

    そのような場合、滞在許可証が発行されるまでは、申請の受領確認書が滞在許可証の代わりとなりますので、紛失しないようにお気をつけください。

    6.さいごに


    イタリア、ローマ、ベネチア広場、イタリア生活

    このように滞在許可証の取得法は、かなりステップが多いです。
    しかも、手続き方法が変更になることもしばしばです。

    しかし、取得しなければ先に述べたように、不法滞在とみなされることもありますので、忍耐強く頑張って取得しましょう。

    そして、しっかりイタリア語を勉強して、警察官、窓口の担当官がいうことがわかるようになることが大切です。
    ただし、不明点や不安なことがあれば、遠慮せず学校に確認してもらいましょう。避けるべきは、期限が過ぎて手遅れになってしまうことです。

    手間のかかる手続きですが、これもイタリア留学を成功させる鍵の一つです。
    何かあれば、一人で抱え込まず、周囲に相談しましょう!

    もっと詳しく知りたい方は、お問い合わせボタン、または資料請求ボタンから!


    資料請求はこちらイタリア留学に興味のある方、まずは資料をご覧ください!

    お問い合わせはこちらカウンセラーはイタリア留学経験者!なんでもお気軽にご相談ください!