イタリア留学情報・東京オフィスでは、7,200人以上の留学をお手伝いしてきました。経験豊富なスタッフが、コースの選択・留学の準備からビザ申請まで、イタリアで叶えたいあなたの夢を丁寧にサポートします。


  • イタリア留学 何でも聞いてみよう





    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご質問内容 (必須)

    左記コードを入力
    captcha

    内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

    • 資料請求
    • お問い合わせ

    無料留学説明会

    留学経験のあるプロのカウンセリングで楽しい!安心!納得!

    東京オフィスではオンライン留学相談を開催しています!ほかの説明会スケジュールもご確認ください!
    ※完全予約制となっております

    開催日 会場
    随時開催(予約) 東京オフィス

    オンライン説明会

    お電話でのお問い合わせ 国際アート&デザインコンペティション 国際アート&デザインコンペティション受賞者 イタリア留学ハンドブックプレゼント

    海外ニュースでアカデミアリアチが紹介されました!

    [イタリア情報]
    イタリア基礎情報

    ローマ、イタリア、ベネチア広場

    国名

    イタリア共和国(Repubblica Italiana)

    人口

    約6,046万2,000人(2020年国連推計値。日本の約半分)

    ヴァッレ・ダオスタ、ピエモンテ、ロンバルディア、トレンティーノ・アルト・アーディジェ、ヴェネト、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア、リグーリア、エミリア・ロマーニャ、トスカーナ、マルケ、ウンブリア、ラツィオ、アブルッツォ、モリーゼ、カンパニア、プーリア、バジリカータ、カラブリア、シチリア、サルデニアの20州

    時差

    イタリアと日本の時差は8時間となり、イタリアが遅れています。 また夏時間を採用しており、夏時間の時の時差は7時間となります。 夏時間採用期間は毎年3月末から10月末ですが、変更することがあります。

    通貨

    ユーロ紙幣、ユーロ、イタリア

    1ユーロ=100セント(イタリア語でエウロ)

    紙幣

    5、10、20、50、100、200、500の7種類。

    硬貨

    1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロの8種類

    言語

    ダンテ、イタリア語の基礎

    標準語は国の北から南まで通してイタリア語ですが、地方により少しずつ異なる方言があります。 国境に近い町の人々はほとんどが2カ国語を話します。

    観光地の多くのホテル、商店、あるいは船、飛行機、列車、ツアーバスなどでは英語やフランス語が話されます。
    イタリア語は母音が多く、大体ローマ字読みにすれば良いので、日本人にも比較的楽に発音できます。観光地にあるブティック・ホテルによっては日本人スタッフがいる場合もありますが、基本的には日本語は話されていません。

    気候

    スペイン階段、イタリア、ローマ

    イタリアは四季折々の魅力にあふれ、一年中旅行者にとって楽しみの尽きることがありません。イタリアの気候は温暖で四季の区別がはっきりしており、全体的には日本の気候と良く似ています。東京とローマの気温は年間を通してほぼ同じなので、日本に居るときと大体同じような服装で過ごすことができます。

    日本との相違点は、夏であっても湿度が低いことと冬に雨が多いことでしょう。
    そのため、夏でも気温の割には日陰や屋内ではしのぎやすいです。
    ただし日差しはとても強いので、日焼けには注意が必要です。南北に長い国なので地域による気温差が大きいこと、また朝晩で寒暖の差が大きいので、上に一枚羽織れるものを持っているといいでしょう。

    冬は北部のアルプス地方を始め、中部以南でも山間部ではかなり寒くなります。

    産業

    フェラーリ、イタリア車産業、イタリア

    イタリアの2020年GDP(国内総生産)は世界第8位、EU諸国ではドイツ、フランスに次ぎ3位と、大きな規模を誇っています。他の先進国に比べイタリアでは家族経営の中小企業の割合が高いことが特徴です。

    北部で発達した製造業では、自動車、防衛、化学、薬品などの他、服飾業、デザイン産業はイタリアの得意とする分野でしょう。
    古くから発達した繊維、皮革などは現在でも職人産業を支えています。サービス業従事者は全体の70%を超えますが、中でも観光業はイタリア経済にとって大変重要です。
    また産業全体における割合は高くないものの、ワイン、オリーブオイル、チーズなどイタリア農産物は世界からの注目を浴びており、イタリア政府も輸出に力を入れています。

    一方構造的な問題として、地域格差と若者の高い失業率があります。南部の問題は産業にとどまらず広く社会問題全般にわたっており、長年の課題となっています。

    祝祭日

    イタリアの祝祭日
    1月1日 Capodanno 元旦
    1月6日 Epifania 御公現の祝日
    3月~4月
    毎年変更
    Pasqua 復活祭 /
    イースター
    キリストの復活を祝う祭りで春分後最初の満月の後の日曜日に祝われます。そのため毎年日付が変わります。クリスマスと同じく、とても重要な日で、クリスマスは家族と、パスクアは友達と過ごすといわれます。
    3月28日 Lunedi’ dopo Pasqua 復活祭翌日 復活祭翌日の月曜日、イースターマンデー。この日も毎年日付が変わります。
    4月25日 Anniversario della Liberazione d’Italia イタリア解放記念日 第二次世界大戦でのファシスト支配から解放された日。終戦記念日。
    5月1日 Il Primo di Maggio メーデー イタリアでも労働条件改善を願う、労働者のための祝日。
    6月2日 Festa della Repubblica 共和国建国記念日
    8月15日 Assunzione della Beata Vergine Maria 聖母被昇天祭 聖母マリアが他界した日。フェラゴスト(Ferragosto)といいます。
    11月1日 Tutti i Santi 諸聖人の日 カトリックの行事で、天に召され聖人となった人をお参りする日です。
    12月8日 Immacolata Concezione Concezione / 聖母無原罪の御宿りの日 マリアをその母アンナがご懐胎した日。 イエスの母マリアが、マリアの母アンナの胎内に宿った瞬間、神の恩寵により原罪からまぬがれたというカトリックの教理によります。
    12月25日 Natale クリスマス イタリアではクリスマスは家族と過ごします。そのためこの頃は都会から田舎へと帰省ラッシュとなります。フィレンツェは、街中がイルミネーションで飾られ、世界中から観光客が訪れます。
    12月26日 Santo Stefano 聖ステーファノの日


    イタリアの各都市にはその町の祝日があります。

    主要都市の守護聖人の祝日
    4月25日 ヴェネツィア 9月19日 ナポリ
    6月24日 フィレンツェ、ジェノバ、トリノ 10月4日 ボローニャ
    6月29日 ローマ 12月6日 バーリ
    7月15日 パレルモ 12月7日 ミラノ


    復活祭はイースターのことで、イタリア語でパスクア(Pasqua)といいます。
    キリストの復活を祝う祭りで春分後最初の満月の後の日曜日に祝われます。そのため毎年日付が変わります。キリスト教であるイタリアは、この日は美術館なども休館日になることも多く、十分に注意しましょう。

    イタリアの復活祭の年毎の日付け
    復活祭の日付 復活祭の日付
    2005年 3月27日 2028年 4月16日
    2006年 4月16日 2029年 4月1日
    2007年 4月8日 2030年 4月21日
    2008年 3月23日 2031年 4月13日
    2009年 4月12日 2032年 3月28日
    2010年 4月4日 2033年 4月17日
    2011年 4月24日 2034年 4月9日
    2012年 4月8日 2035年 3月31日
    2013年 3月31日 2036年 4月13日
    2014年 4月20日 2037年 4月5日
    2015年 4月5日 2038年 4月25日
    2016年 3月27日 2039年 4月10日
    2017年 4月16日 2040年 4月1日
    2018年 4月1日 2041年 4月21日
    2019年 4月21日 2042年 4月6日
    2020年 4月12日 2043年 3月29日
    2021年 4月4日 2044年 4月17日
    2022年 4月17日 2045年 4月9日
    2023年 4月9日 2046年 3月25日
    2024年 3月31日 2047年 4月14日
    2025年 4月20日 2048年 4月5日
    2026年 4月5日 2049年 4月18日
    2027年 3月28日 2050年 4月10日

    治安

    路地裏、イタリア風景、イタリア

    特に都市部においては外国人観光客への盗難・スリが目立ちます。
    交通機関内だけでなく街中であっても貴重品の取り扱いには十分注意してください。また一般的に空き巣被害も起きていますので、戸締りは十分に行いましょう。

    そして違法ドラッグ売買が行われているような場所には近づかないようにし、夜の一人歩きはやめましょう。

    イタリアの治安について詳しくはこちら

    イベント・お祭り

    イースター、イースターエッグ、イタリアお祭り、復活祭、イタリア

    イタリアはカトリック教徒の多い国で国の祝日もキリスト教にちなんだものが多く、例えば12月にはプレセーペの公開や街中にイルミネーションが飾られお祭り気分が盛り上がります。
    また都市ごとの守護聖人の日のお祭りは大変盛り上がり、ナポリのサンジェンナーロ守護聖人の日のお祭りのように、地域や市民の性格なども見て取れます。

    春から秋にかけてはNotte Biancaなど小さなイベントもたくさん開かれますし、Sagraといって、旬を迎えた食材(トリュフ、栗など)や地方の名産品を振る舞うイベントはとても一般的です。

    歴史・文化

    コロッセオ、イタリア、イタリア風景、ローマ

    紀元前8世紀のローマに王国が誕生した後、ローマ帝国時代、ルネッサンス時代を始め各都市に残された数多くの遺跡を通してイタリアの奥深い歴史を想像することができます。

    中世には各地に都市国家が乱立し、また他国の侵攻を受け、イタリアが統一されたのは1861年のことです。
    これは、第二次大戦後に現在の形であるイタリア共和国になっても、方言や料理など地方ごとの特色がはっきりしているという多様な文化が続く理由でしょう。

    またカトリック総本山であるバチカン市国を抱えていることはイタリアの歴史や文化に大きな影響を及ぼしています。


    資料請求はこちらイタリア留学に興味のある方、まずは資料をご覧ください!

    お問い合わせはこちらカウンセラーはイタリア留学経験者!なんでもお気軽にご相談ください!