イタリア留学情報・東京オフィスでは、6,900人以上の留学をお手伝いしてきました。経験豊富なスタッフが、コースの選択・留学の準備からビザ申請まで、イタリアで叶えたいあなたの夢を丁寧にサポートします。

    • 資料請求
    • お問い合わせ

    無料留学説明会

    留学経験のあるプロのカウンセリングで楽しい!安心!納得!

    東京オフィスではオンライン留学相談を開催しています!ほかの説明会スケジュールもご確認ください!
    ※完全予約制となっております

    開催日 会場
    随時開催(予約) 東京オフィス

    詳細・ご予約はこちら

    お電話でのお問い合わせ 国際アート&デザインコンペティション 国際アート&デザインコンペティション受賞者
    • イタリア留学ハンドブックプレゼント

    海外ニュースでアカデミアリアチが紹介されました!

    [イタリア情報]
    イタリア留学中の滞在先


    イタリア留学中の滞在先の種類はいろいろ。
    自分に合った滞在先を探して、イタリア留学を素敵なものにしましょう!

    イタリア留学滞在先、部屋

    1.シェアハウス(アパート)


    イタリア留学滞在先、シェアハウス、ルームメイト、ルームメイトと乾杯

    シェアハウス(アパート)がイタリアに滞在する学生の中で、最も利用されています。利用者も、イタリア人学生、社会人や外国人学生など、色々な方が混ざっているのが普通です。

    何部屋かある大きめの物件を、複数名でシェアして借ります。大家さんと不動産契約書を結び、家賃や光熱費などを、住んでいる人たちで平等に負担する場合と、外国人学生が多い学校などは、学校が紹介して入居予約・手続きをしてくれる場合とがあります。

    タイプとしては、以下の3タイプが挙げられます。

    1.各種学校に通学する学生がシェアをしている学生向け
    2.学生と社会人がシェアするもの
    3.大家さんのお宅で、大家さんとシェアをするタイプ

    メリット

    • アパートの家賃や光熱費を、住んでいる人たちで平等に負担するので、料金が手頃
    • ルームメートや環境が合わなかった場合でも気軽に引越しができる
    • 学生同士でシェアできることから文化交流ができ、語学力の上達が早い

    デメリット

    • 国籍も文化も違う人が同居するので、ルームメイトや大家さんと考えや意見が合わなかったり、気を遣いすぎたりする可能性もあり
    • ネットの掲示板でシェアアパートが掲載されているが、少なくとも中級程度のイタリア語を理解できないと、下見の際、意思疎通が取れない
    • シェアハウスを紹介する専門サイトも増えてきており、英語を話せるスタッフも常駐しているが、割高なことが多い

    2.ホームステイ


    イタリア留学滞在先、ホームステイ 、ホストファミリー

    イタリア人家庭のアパートの一室を借りて、ファミリーと一緒に生活します。イタリア人のリアルな生活を一緒に体験でき、またイタリア語で生活するので、イタリア語の上達も早いです。
    食事の選択(食事なし、朝食付き、朝夕2食付き)もできます。

    メリット

    • イタリアの文化、生活を体感できる
    • 日常会話をイタリア語で行うため、語学の上達が早い
    • ホストファミリーと仲良くなると、ファミリーのお友達など交友関係が広がる

    デメリット

    • ホームステイは、学校を通じて手配してもらうケースが多いので、一般に情報誌やネット掲示板で探してもヒットすることが少ない
    • ホストファミリーと相性が合わない場合、イタリア生活が辛いものに
    • 各家庭のルールに従わなければいけない(食事のマナーや門限など)。イタリア人家庭は案外保守的な家庭が多いです

    3.一般的な賃貸アパート


    イタリア留学滞在先、賃貸アパート、ベッドルーム

    ワンルームタイプのアパートです。キッチンや浴室もついています。
    一人暮らしに慣れている日本人学生がよく希望する物件です。

    メリット

    • プライベート空間が確立されている
    • 人と合わせる必要がないので、自分のペースで過ごすことが可能

    デメリット

    • 気に入った物件に出会うまで探すのに時間がかかる
    • 1年契約では契約を結んでくれる物件が少ない
    • 不動産屋を通じると見つけやすいが、1ヶ月分の家賃分の不動産屋への手数料と敷金が2ヶ月分必要なので、費用が非常にかかる
    • 光熱費は実費で払う場合が多いが、アパートの共益費が結構高いところもあるので要注意
    • イタリア語を日常で使う機会が少なく、イタリア語の上達は期待できない
    • シェアーと比べると費用が高く、ミラノ・フィレンツェ等では割高になるので、節約したい学生向きとは言えない


    4.学生専用ホテル


    近年増えてきた学生専用ホテルは、短期滞在から長期の滞在型まで選べます。

    メリット

    • ホテルである為、室内の清掃、シーツやタオル類の交換などのサービスが充実
    • ホテル施設内のスポーツジム、レストラン、図書室などの様々なサービスを利用できる特典もあり!
    • 設備が整って、何より便利で優雅

    デメリット

    • 料金はかなり高額
    • 基本的にコミュニケーションは英語。イタリア語を日常生活で使う必要がないため、イタリア語の上達には向かない


    いかがでしたか?
    自分の住んでみたい滞在先は見つかりましたか。
    「自分の好みはこうだけど…」「こういったところには住めますか?」など、ご質問はお気軽に。
    いつでもお待ちしています。



    資料請求はこちらイタリア留学に興味のある方、まずは資料をご覧ください!

    お問い合わせはこちらカウンセラーはイタリア留学経験者!なんでもお気軽にご相談ください!