イタリア留学情報・東京オフィスでは、7,200人以上の留学をお手伝いしてきました。経験豊富なスタッフが、コースの選択・留学の準備からビザ申請まで、イタリアで叶えたいあなたの夢を丁寧にサポートします。


  • イタリア留学 何でも聞いてみよう





    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご質問内容 (必須)

    左記コードを入力
    captcha

    内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

    • 資料請求
    • お問い合わせ

    無料留学説明会

    留学経験のあるプロのカウンセリングで楽しい!安心!納得!

    東京オフィスではオンライン留学相談を開催しています!ほかの説明会スケジュールもご確認ください!
    ※完全予約制となっております

    開催日 会場
    随時開催(予約) 東京オフィス

    オンライン説明会

    お電話でのお問い合わせ 国際アート&デザインコンペティション 国際アート&デザインコンペティション受賞者 イタリア留学ハンドブックプレゼント

    海外ニュースでアカデミアリアチが紹介されました!

    イタリア留学コラムう


    2021.10.08

    イタリアの方言

    イタリア語、ローマ、コロッセオ

    イタリアにはその歴史や地理を背景にたくさんの方言が存在し、多様な方言はイタリア文化の特徴の一つと言っても過言ではないでしょう。


    1、標準語はどこの言葉?

    ダンテ、イタリア

    ダンテ。イタリア語の基礎を作った偉大な詩人です


    テレビでは標準語が話され、学校で習うイタリア語はもちろん標準語です。
    その標準語は周辺国の影響をあまり受けていなかったイタリア中部の方言が基礎になっていますが、14世紀初頭にダンテがトスカーナ方言で書いた「神曲」がイタリア語の基礎になったと言われてもいますね。

    2、どの地方にも「方言」が存在

    イタリア人、イタリア

    イタリア人が日常会話で使うのは「方言」になります。
    ですから、地元の人同士が話している場に遭遇すると???と戸惑うこともあります。

    色々ある方言の中でも独特で有名なのは、映画や歌謡曲で取り上げられることも多い南イタリアのナポリ、そしてシチリア、サルデーニャでしょうが、ローマはもちろん、北イタリアにもベネト方言を始め沢山の方言があるのです。

    3、ナポリ方言やベネト方言

    ナポリ、イタリア地図

    ここで最も話者数の多いナポリ方言を例に見てみましょう。
    ナポリを舞台にしたテレビドラマを見ていると、聞き取れず、またわからない言葉が出てくることがあり、外国語の字幕のように、イタリア語の標準語の字幕が使われることもあるくらいです。
    例えばandiamo (行く)はiàmmu。 「Jamm’ ‘bell guagliu’」はイタリア語ではForza, ragazzi ! という意味ですが、ナポリ方言ではこうなります(笑)

    一方、ことわざ「Contadino, scarpe grossa e cervello fino(農夫はどた靴を履いていても、頭は切れる※人は見かけによらない、という意味)」をベネト方言で言うと「Contadin, scarpa grossa e çervel fin」とチェがセになり、語尾のオが脱落してしまうようです。

    4、アクセントにも注意

    イタリア人、会話する女性

    また方言というわけではなくとも、話し手の「アクセント」の違いがはっきりしているのも特徴的ではないでしょうか。 会話をしていると、その人はどの州の出身かどうかがわかります。

    日本ではどの地方出身なのかわからないことが多いですが、イタリア人はわざわざアクセントを矯正することはしません。
    自分の故郷やアイデンティティーに自信を持っていることがこのことからも伺えるのではないでしょうか。

    5、トスカーナのアクセント

    フィレンツェ人、イタリア人男性、バール、マリトッツォ

    先ほどトスカーナ方言がイタリア語の基礎になっていると書きましたが、フィレンツェのアクセントは特徴的で、イタリア語を勉強している外国人にとっては少し聞き取りにくくもあります。

    有名なフレーズ「Coca Cola con la Cannuccia Corta (コカコーラと短いストロー)」=「ホハホーラホンラハンヌッチャホルタ」とKの発音がHになります(笑)

    イタリア旅行をする時は方言に注意して聞いてみるのも楽しいかもしれませんね。

    さいごに

    フィレンツェ、ドゥオーモ、トスカーナ

    イタリアは、郷土愛の強い国です。
    どの街や村の出身であっても、自分の故郷を誇る気持ちがとても強いです。

    その郷土愛はやはり喋る言葉「方言」に最も表れているのではないでしょうか?
    イタリアに留学されたら、ぜひ各地の方言に耳を傾けてみてください。