• 資料請求
  • 相談予約
お電話でのお問い合わせ

東京オフィスは、毎日留学相談が可能です!
その他の説明会スケジュールもチェック!

留学経験のあるプロのカウンセリングで安心!納得!楽しい!

開催日 会場 参加予約
毎日開催! 東京オフィス

参加する

詳細・ご予約はこちら

国際アート&デザインコンペティション 2017
  • イタリア留学 何でも聞いてみよう

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご質問内容 (必須)

    左記コードを入力
    captcha

  • Skypeで今スグ質問!

    オンラインマークの時はカウンセラーがskypeからお答えいたします!お気軽にお問い合わせください。


    海外ニュースでアカデミアリアチが紹介されました!

    奨学金について

    2016/1/30改訂

    イタリア留学の奨学金

    イタリア留学を考えているけれども予算が足りないという方、出来るだけ費用を抑えて留学をしたいという方、イタリア留学の夢を実現するために利用出来る様々な奨学金と、奨学金以外にも予算を助ける、便利なシステムについてご紹介致します。
    (2016年1月時点。それぞれの機関の制度の詳細については、各自御確認下さい。)

    1.イタリア政府奨学金
    2.文部省奨学金
    3.ロータリー財団奨学金
    4.日伊協会の奨学金
    5. 企業の奨学金
    6.それぞれの学校が独自に持つ奨学金や授業料割引制度
    7. 学資ローン
    8. 留学積み立て

    イタリア政府奨学金

    イタリア政府機関が設けるイタリアで学びたい方向けの奨学金。受入機関はイタリア正規大学、国立音楽院から語学コースまで。年齢制限があり、イタリア語の充分な能力がある方が対象です。給費期間は決まっていて、奨学金は健康保険加入料が免除、正規課程においては授業料、政府規定額の奨学金支給があります。選考試験があり、語学や専攻科目試験,音楽の方は音楽実技試験などを行ないます。詳細や手続きはイタリア政府機関のイタリア文化会館を通して行なわれます。

    文部科学省奨学金「トビタテ!留学JAPAN」

    2014年からスタートしたばかりの官民協働で取り組む海外留学支援制度で、2020年 までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プ ログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。 産業界を中心に社会で求められる人材、世界で活躍出来る人材を育てる目的のプログラムで、日本の高等学校や大学等に在籍する日本人に対し、必要経費の一部が支援されます。留学期間は条件があり、審査には書類審査、個人とグループの面接及びプレゼンテーション審査等があります。留学前の事前研修に参加義務があります。留学準備金として授業料のみではなく往復航空券の一部も支援されます。

    文化庁 新進芸術家海外研修制度

    美術,音楽,舞踊,演劇,映画,舞台美術等,メディア芸術の各分野における新進芸術家が海外において実践的に研修するための、渡航費及び滞在費を支援する文化庁による制度です。将来の日本の文化芸術振興を担い、国際的に活躍する人材を育てることを目的としています。
    研修期間は,日数で何種類かあり、それぞれに年齢の条件があります。書類提出、1次、2次選考があります。研修開始日の期間が決まっており、それ以外の期間に開始することはできません。

    公益財団法人ロータリー財団奨学金

    グローバル補助金奨学生

    6つの重点分野(1. 平和と紛争予防/紛争解決 2.基本的教育と識字率向上 3. 経済と地域社会の発展4.疾病予防と治療5.水と衛生6. 母子の健康)のいずれかに該当する分野でキャリアを築くことを目標とする方を奨学金で支援し、将来的に持続的かつ測 定可能な成果を生むことが目的の奨学金です。大学課程を修了又は修了見込みの方で、1~4年間の大学院レベルの教育プログラムで 学ぶ方向けの奨学金です。奨学金の期間に定めがあり、授業料のほか、食費生活費などに対しても奨学金の援助があります。選考には書類、語学力テストの結果、面接等があります。また、グローバル補助金奨学生に該当しない奨学生に対して、「地区補助金」を利用した留学奨学金の機会もあります。

    公益財団法人日伊協会の奨学金

    日伊協会会員もしくはイタリア語受講生対象の奨学金です。選考には書類選考、作文、面接があります。奨学金対象校一覧より1校を選択し、合格者にはコースの一部の授業料などが支援されます。手続きは日伊協会で行なわれ、合格者は帰国後報告レポート提出の義務があります。

    企業の奨学金

    民間の企業や団体からの奨学金は貸与型と給付型に分けられ、返済義務のない給付型のものも多くあります。審査には、成績・在学状況・家庭の経済状況・採用枠などの条件があり、中には審査基準が厳しいものもありま すが、沢山の企業や団体が設けているため、その中かから自分に合ったものを見つけて挑戦することができます。

    それぞれの学校が独自に持つ奨学金や授業料割引制度

    イタリアの学校によって は、イタリア留学を実現したい学生を補助するための独自の制度を設けている学校が多くあります。例えば、ポートフォリオを提出して優秀な学生に与えられる奨学金、レポート提出や成績優秀者など在学中に一定の条件付きの奨学金、早期 申込による割引・奨学金、コンペティションを開催して入賞の副賞としての奨学金など、その形式は様々です。学校によって、奨学金の申込の時期や、競争率、奨学金付与の条件なども違ってくるので、出来るだけ早く情報をつかんで入学 希望時期に合わせて準備をする必要があります。

    学資ローン

    学資ローンは、学生が教育のために必要な授業料・生活費などの支払に必要な費用を、通常よりも低金利で銀行等が貸し出すシステムです。入学予定先の学校の証明書と、収入などの一定の条件を満たせば、必要な金額が借りられるため、留学したい専門分野での経験やイタリア語勉強経験がない方でも利用できます。また、帰国後のキャリアアップ・就職のための留学を考えている方は、留学経験を生かして収入を増やし資金を返す方が、留学前にアルバイトで少しずつお金を貯金するよりも、効率的なことも。特に、日本の公的機関である「日本政策金融公庫」の学資ローンは、金利も安くおすすめです。審査基準は高めなので、イタリアのどの学校なら、日本政策金融金庫の学資ローンが利用出来るか確認する必要があり ます。

    留学積み立て

    留学積み立てイタリア留学という目標を決めたら、それに向けてしっかり貯めて行きたい。でも、目先の出費が量んでなかなか貯金が出来ない、そんな方には、目標金額に向けて計画的に、毎月定額の支払で確実に留学資金を貯める事が出来る積み立てと言う方法もあります。早期申込により割引や 奨学金が適応される学校もあるので、資金が貯まってから申し込むよりも、申し込んでから資金を貯める方がお得になることも。

    例) アカデミアリアチ積立奨学金
    ・毎月3万円・5万円・8万円・10万円~など目標の金額と期間によって、毎月の積立額と期間が選べます。積立額にに対して、積立回数(6回~36回)に応じて奨学金が最大12.5%授与されます。早めに申し込むほど奨学金の率は大きくなります。
    例えば・・・毎月10万円ずつ2年間積立すると→総額240万円貯めることができます。更に、奨学金として総額の12.5%=30万円が学費から免除されます。

    詳細はこちら アカデミアリアチ日本語Webサイト


    お一人お一人のご予算と状況に合わせて、どんな奨学金・割引・政府の補助が利用出来るか、留学のための資金設計を、経験豊富な専門カウンセラーが親身にアドバイス致します。詳しくはお問合せください。


    Top